債務整理について

詳しく知るためのバイブル

債務整理とは?

詳しく知っていると困った時に役立つ!
自分に合った方法を探しましょう!

現在の生活では、どうしても借金を返済ができない。自己破産せざるおえないのでは…。そんな風に簡単に考えている人はいませんか?

実は債務整理はここを知っていると、借金返済ができない=自己破産ではない場合があるということが簡単に分かるようになります。

私達個人消費者に向けて、法律を使った借金整理方法である債務整理は、自己破産を含め、4種類のパターンがあり、自分に一番合った方法を選ぶようにしましょう。

債務整理の方法

債務整理には4つの種類があります!
「任意整理」「特定調停」「個人民事再生」「自己破産」

債務整理の方法には、 主に、任意整理、特定調停、個人民事再生、自己破産の4種類があります。この中で一番認知度が高いといえば、自己破産になるのではないでしょうか。

自己破産は、今ある借金を法律の力を使い全て帳消しするというものです。それだけの力なので、もちろん厳しい審査があり、借金の一部は返済していかなくてはならない場合もあります。

自己破産と他の3つの債務整理の違いは、返済するかしないかの差が一番大きいです。自己破産は借金が帳消しになりますが、他の3つは返済を行います。

この4つの整理方法をひとつずつ詳しく見ていくことで、債務整理の達人になりましょう!

司法書士に頼らない自己破産手続きとは?

大阪市で司法書士に頼らずに自己破産手続きを進めるためには、まず最初に必要な書類の用意して、その書類を大阪市を管轄する地方裁判所に提出する必要があります。 必要な書類には、破産申立書や、免責申立書、陳述書、債権者一覧表などがあります。

他に、所有資産の目録や、家計の状況を示す書類なども必要となります。 そして、住民票、戸籍謄本、クレジットカード、マイカーを所有しているときには車検証のコピーや、査定書などについても必要になります。 このように非常にたくさんの書類を用意することが求められるため、漏らさないように揃える必要があります。

書類を提出できたら、次は破産の審尋を受けることになります。 この審尋のときに免責が許可されない事由に当たらないかについて裁判官から質問されることになります。 その後、何日か経って手続きが始まることになります。 自己破産を行うときも価値がある財産を所有している場合、管轄事件として扱われ破産管財人が選ばれることになります。

価値があるような財産を所有していないときには同時廃止という取り扱いになります。 同時廃止のときには割合短い期間で済ませることが可能ですが、管轄事件として取り扱われるときには、およそ半年から一年ぐらいの長い期間をかける必要があります。

B型肝炎訴訟の給付金
B型肝炎の可能性があるなら給付金の対象に

昭和63年までに集団予防接種を受けた方でB型肝炎に感染した可能性があり、持続感染した方は40万人を超えると言われております。この問題は注射器の連続使用によって起きたことが明確な事実になっています。

現在ではこの予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染した方に給付金を国が支払っています。この給付金を受け取る為には、裁判所による認定を受け認定された方が、国に対して国家賠償請求権訴訟を提起して、国と和解して頂く必要があります。

もし予防接種によって感染または母子感染の疑いがあるのなら裁判所に認定申請を提出することをお薦め致します。

B型肝炎訴訟給付金を請求しよう

B型肝炎給付金と研究の内容について

B型肝炎給付金を受け取るためには、様々な条件が設定されているため、時には弁護士や司法書士などのプロにアドバイスを受けることがとてもおすすめです。 最近では、B型肝炎に関する医学的な研究が進められており、いざという時に備えて、適切な治療法を選択することが欠かせないテーマとして挙げられます。

また、B型肝炎給付金に関する書類の提出方法に関しては、一般の消費者にとって、すぐに理解をすることが難しいといわれています。 そこで、定期的にB型肝炎給付金のメリットやデメリットを理解することが課題となりつつあります。