債務整理について

詳しく知るためのバイブル

債務整理とは?

詳しく知っていると困った時に役立つ!
自分に合った方法を探しましょう!

現在の生活では、どうしても借金を返済ができない。自己破産せざるおえないのでは…。そんな風に簡単に考えている人はいませんか?

実は債務整理はここを知っていると、借金返済ができない=自己破産ではない場合があるということが簡単に分かるようになります。

私達個人消費者に向けて、法律を使った借金整理方法である債務整理は、自己破産を含め、4種類のパターンがあり、自分に一番合った方法を選ぶようにしましょう。

債務整理の方法

債務整理には4つの種類があります!
「任意整理」「特定調停」「個人民事再生」「自己破産」

債務整理の方法には、 主に、任意整理、特定調停、個人民事再生、自己破産の4種類があります。この中で一番認知度が高いといえば、自己破産になるのではないでしょうか。

自己破産は、今ある借金を法律の力を使い全て帳消しするというものです。それだけの力なので、もちろん厳しい審査があり、借金の一部は返済していかなくてはならない場合もあります。

自己破産と他の3つの債務整理の違いは、返済するかしないかの差が一番大きいです。自己破産は借金が帳消しになりますが、他の3つは返済を行います。

この4つの整理方法をひとつずつ詳しく見ていくことで、債務整理の達人になりましょう!

司法書士に頼らない自己破産手続きとは?

大阪市で司法書士に頼らずに自己破産手続きを進めるためには、まず最初に必要な書類の用意して、その書類を大阪市を管轄する地方裁判所に提出する必要があります。必要な書類には、破産申立書や、免責申立書、陳述書、債権者一覧表などがあります。

他に、所有資産の目録や、家計の状況を示す書類なども必要となります。そして、住民票、戸籍謄本、クレジットカード、マイカーを所有しているときには車検証のコピーや、査定書などについても必要になります。このように非常にたくさんの書類を用意することが求められるため、漏らさないように揃える必要があります。

書類を提出できたら、次は破産の審尋を受けることになります。この審尋のときに免責が許可されない事由に当たらないかについて裁判官から質問されることになります。その後、何日か経って手続きが始まることになります。自己破産を行うときも価値がある財産を所有している場合、管轄事件として扱われ破産管財人が選ばれることになります。

価値があるような財産を所有していないときには同時廃止という取り扱いになります。同時廃止のときには割合短い期間で済ませることが可能ですが、管轄事件として取り扱われるときには、およそ半年から一年ぐらいの長い期間をかける必要があります。

過払い請求は金額が大きいときだけ弁護士に過払いを司法書士に相談すると
過払いとは?過払い大阪
過払い請求民事再生とは?自己破産とは?
任意整理とは?特定調停とは?過払い金などの借金相談は司法書士、弁護士にしよう

多重債務者が過払い請求を試みる

複数の業者からお金を借りているような人のことを多重債務者と呼びます。そのような人の傾向として、複数の業者からお金を借りているせいで抱えている借金について十分な管理ができていない人が多いです。そのため、毎月の返済も非常に大変であることがあげられます。

しかしながら、過払い請求に関しては、すでに支払った部分の返済についての該当部分になりますので、その部分を調査し請求をおこなうことで、お金を取り戻すことができるかも知れません。そのようなことが実現すれば借金の返済を行なうこともできるでしょう。

過払い請求には時効がありますので、早い段階でおこなうようにしましょう。

過払い請求を弁護士に相談をおこなう

さまざまな人がこれまでに借金を重ねていたことが想像できますが、そのなかでも長い期間での借金があった人においては、過払い金が発生している可能性があります。

この過払い金については、利息分を支払いすぎたことが原因で生じていますので、過払い請求をおこなうことでお金を取り戻すことが可能になります。このお金については正当なお金になりますので、安心して使用することができます。

自分だけで過払い請求をおこなうこともできますが、相手にされないようなケースもありますので、弁護士の力を借りて取り戻すことが良いでしょう。

B型肝炎訴訟の給付金
B型肝炎の可能性があるなら給付金の対象に

昭和63年までに集団予防接種を受けた方でB型肝炎に感染した可能性があり、持続感染した方は40万人を超えると言われております。この問題は注射器の連続使用によって起きたことが明確な事実になっています。

現在ではこの予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染した方に給付金を国が支払っています。この給付金を受け取る為には、裁判所による認定を受け認定された方が、国に対して国家賠償請求権訴訟を提起して、国と和解して頂く必要があります。

もし予防接種によって感染または母子感染の疑いがあるのなら裁判所に認定申請を提出することをお薦め致します。

B型肝炎訴訟給付金を請求しよう

B型肝炎給付金と研究の内容について

B型肝炎給付金を受け取るためには、様々な条件が設定されているため、時には弁護士や司法書士などのプロにアドバイスを受けることがとてもおすすめです。最近では、B型肝炎に関する医学的な研究が進められており、いざという時に備えて、適切な治療法を選択することが欠かせないテーマとして挙げられます。

また、B型肝炎給付金に関する書類の提出方法に関しては、一般の消費者にとって、すぐに理解をすることが難しいといわれています。そこで、定期的にB型肝炎給付金のメリットやデメリットを理解することが課題となりつつあります。

B型肝炎給付金のために弁護士にB型肝炎給付金
注目を集めているB型肝炎訴訟弁護士にB型肝炎訴訟を頼むには委任状が必要
B型肝炎訴訟B型肝炎訴訟おける給付金の申請

B型肝炎訴訟のこれまでについて

日本においてはこれまでに、集団で予防接種を実施されていました。現在ではそのような事はありませんが、当時においては管理の体制が不十分だったこともあり、注射器の連続使用がもとで、B型肝炎を発症してしまったような人が大勢いることがあげられます。

この集団予防接種が原因となり、B型肝炎にかかってしまった人が国に対して、B型肝炎訴訟を実施しました。このことに関しては最高裁で認められ、B型肝炎訴訟が現在でも続いています。

それから基本合意が成立するようになって、B型肝炎給付金の支払いが法律的にも認められるようになりました。

弁護士に訴訟を依頼してB型肝炎給付金を受け取る

集団予防接種の注射器を使い回したことが原因となり、B型肝炎のウイルスに発症してしまったようなケースもあるようです。その該当者に関して国から、B型肝炎給付金が支払われるような仕組みになっています。

B型肝炎給付金の受け取りに関しては、さまざまな諸条件や程度が定められています。B型肝炎訴訟を起こすのであれば、そのあたりをしっかりと下調べを行ってから、起こすようにしましょう。

不安があれば国からの一部負担も期待できますので、弁護士に依頼するようにしましょう。そうすることで安心して、B型肝炎訴訟を起こすことができるでしょう。

交通事故相談をするならやっぱり弁護士

交通事故相談をするのであれば一番いいのは弁護士に相談することです。

弁護士にも実は得意な分野があり、交通事故に関する案件を得意としている法律事務所があります。そういった所に依頼するのが一番こちらの要望通りの結果を出してくれるでしょう。

交通事故に特化している法律事務所なんてわからないよという人もいると思います。そういう時こそネットの出番です。「交通事故弁護士 法律事務所」などと検索すればすぐに出てきます。自分が行きやすい場所であったり、人柄がよさそうな所であったり、口コミがよさそうな所を探してみてください。

弁護士に交通事故相談を行う場合弁護士基準での交通事故慰謝料
交通事故相談交通事故慰謝料
交通事故弁護士無料で交通事故相談を行う方法
交通事故弁護士に相談をおこなう交通事故の相談は交通事故弁護士へ

覚えておきたい交通事故慰謝料について

車の事故により被害を被った場合、当然加害者側に交通事故慰謝料を請求することになります。事故による死亡や入院が必要な場合、また後遺障害が残る場合など、特に大きな被害である場合は自分一人で対応せず、交通事故を専門とした交通事故弁護士へ相談することが懸命です。

一般に相手が加入している保険会社の交通事故慰謝料は、弁護士基準の相場と比べると大きく違いがあるようです。後遺障害や入通院慰謝料、死亡事故でさえ被害者側に立った慰謝料と大きくことなることがほとんどのようです。

国内には交通事故相談ができる窓口が各地にありますから、躊躇せずに相談するといいでしょう。

MENU

債務整理についてTOP 過払い 過払い大阪 過払い請求 交通事故相談 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 離婚相談 B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟弁護士 B型肝炎給付金

当サイトについてはこちら。弁護士への借金相談で多い項目は過払い請求や個人再生、任意整理、自己破産といった債務整理があります。交通事故弁護士へは保険会社との慰謝料交渉についての交通事故相談です。B型肝炎訴訟やB型肝炎給付金についても大阪の弁護士事務所や法律事務所へ。