債務整理について

詳しく知るためのバイブル

債務整理とは?

詳しく知っていると困った時に役立つ!
自分に合った方法を探しましょう!

現在の生活では、どうしても借金を返済ができない。自己破産せざるおえないのでは…。そんな風に簡単に考えている人はいませんか?

実は債務整理はここを知っていると、借金返済ができない=自己破産ではない場合があるということが簡単に分かるようになります。

私達個人消費者に向けて、法律を使った借金整理方法である債務整理は、自己破産を含め、4種類のパターンがあり、自分に一番合った方法を選ぶようにしましょう。

債務整理の方法

債務整理には4つの種類があります!
「任意整理」「特定調停」「個人民事再生」「自己破産」

債務整理の方法には、 主に、任意整理、特定調停、個人民事再生、自己破産の4種類があります。この中で一番認知度が高いといえば、自己破産になるのではないでしょうか。

自己破産は、今ある借金を法律の力を使い全て帳消しするというものです。それだけの力なので、もちろん厳しい審査があり、借金の一部は返済していかなくてはならない場合もあります。

自己破産と他の3つの債務整理の違いは、返済するかしないかの差が一番大きいです。自己破産は借金が帳消しになりますが、他の3つは返済を行います。

この4つの整理方法をひとつずつ詳しく見ていくことで、債務整理の達人になりましょう!

B型肝炎訴訟の給付金
B型肝炎の可能性があるなら給付金の対象に

昭和63年までに集団予防接種を受けた方でB型肝炎に感染した可能性があり、持続感染した方は40万人を超えると言われております。この問題は注射器の連続使用によって起きたことが明確な事実になっています。

現在ではこの予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染した方に給付金を国が支払っています。この給付金を受け取る為には、裁判所による認定を受け認定された方が、国に対して国家賠償請求権訴訟を提起して、国と和解して頂く必要があります。

もし予防接種によって感染または母子感染の疑いがあるのなら裁判所に認定申請を提出することをお薦め致します。

B型肝炎訴訟給付金を請求しよう