債務整理について

詳しく知るためのバイブル

債務整理とは?

B型肝炎給付金の受給に必要な証明とは

集団予防接種における注射器の使い回しなどで、B型肝炎に感染してしまった人を救済するため、B型肝炎特別措置法が制定され、その定めに基づき被害者に給付金が支払われるようになりました。

給付金を受給するためには一定の要件を満たしている必要がありますが、その要件を満たしていることを証明してもらうためには裁判所に提訴しなければいけません。

提訴後に血液検査の結果や医療記録などの必要書類を法務局に提出し、和解協議を経て和解調書が作成されれば、社会保険診療報酬支払基金に対してB型肝炎給付金の請求をすることができます。

なお厚生労働省では請求に関する電話窓口を設けているほか、ホームページにも詳細が掲載されていますので、そちらを参考にすることができます。