債務整理について

詳しく知るためのバイブル

債務整理とは?

B型肝炎給付金の受給に必要な証明とは

集団予防接種における注射器の使い回しなどで、B型肝炎に感染してしまった人を救済するため、B型肝炎特別措置法が制定され、その定めに基づき被害者に給付金が支払われるようになりました。

給付金を受給するためには一定の要件を満たしている必要がありますが、その要件を満たしていることを証明してもらうためには裁判所に提訴しなければいけません。

提訴後に血液検査の結果や医療記録などの必要書類を法務局に提出し、和解協議を経て和解調書が作成されれば、社会保険診療報酬支払基金に対してB型肝炎給付金の請求をすることができます。

なお厚生労働省では請求に関する電話窓口を設けているほか、ホームページにも詳細が掲載されていますので、そちらを参考にすることができます。

B型肝炎の訴訟を起こすために必要なポイント

B型肝炎訴訟では、提訴するための必要条件を満たしていることが、何よりも重要となります。最重要ポイントは、一次感染者が集団予防接種によって感染したことを証明できるかどうかです。予防接種の対象期間は、大きく分けて昭和16年から昭和63年までです。

この期間は、国の監督不行き届きにより、注射器の使い回しが行われていたためです。満7歳までの幼児が、この期間内に、予防接種またはツベルクリン反応検査を受けていた場合、国の責任による感染と認められます。具体的な訴訟に関しては、弁護士事務所に相談することをお勧めします。

B型肝炎訴訟の流れについて

B型肝炎訴訟を起こす流れとしては、まず弁護士事務所に相談をするところからはじまるでしょう。

そうすることで対象者に該当するかを弁護士が調査し、該当するようであれば必要な書類を揃えていくことになります。必要の書類に関しては過去に遡りますので、時間がかかるようなケースもありますが、弁護士がしっかりと揃えてくれることでしょう。

その必要な書類が揃えることができれば、裁判所への提訴が可能になります。慣れている弁護士に依頼をすることで、スムーズに申請を行ってくださることでしょう。めでたく和解が成立できれば、B型肝炎給付金についての請求がおこなわれ、受け取りは可能になります。

説明もおこなわれているB型肝炎訴訟

集団予防接種を受けた際に起こってしまった、B型肝炎訴訟については国からの救済策が出ています。しかしながら、給付金を受け取るにあたってさまざまな条件が求められています。

そういった条件を知らない人も多くいます。そうしたニーズを受けてB型肝炎の訴訟説明会を開かれている弁護士もいます。その説明会においては詳しく説明をしてくださいますので、参加することで詳しく理解できることでしょう。

B型肝炎に該当する恐れがあるようであれば、まずはこうした説明会に参加することで、より具体的なことを知ることができるでしょう。

B型肝炎給付金のためのB型肝炎訴訟

当サイトについてはこちら。弁護士への借金相談で多い項目は過払い請求や個人再生、任意整理、自己破産といった債務整理があります。交通事故弁護士へは保険会社との慰謝料交渉についての交通事故相談です。B型肝炎訴訟やB型肝炎給付金についても大阪の弁護士事務所や法律事務所へ。