債務整理について

詳しく知るためのバイブル

債務整理とは?

自己破産を回避したい意思を司法書士に伝える

マイホームを失ったりする可能性がある事などから、自己破産をしないといけないと思うができるだけ避ける様にしたいと考える人もいるのではないでしょうか。その場合には回避したいという意図を司法書士に伝えてみてはどうでしょうか。

あらゆる状況を考慮した上で、司法書士は自己破産が避けられそうかどうかアドバイスしてくれる事でしょう。しかし、本人が自己破産を回避する事を望んでいても、司法書士がプロの視点で判断すると、どうしても厳しいという事もあるかと思います。

司法書士の意見ではなく自己破産以外の方法では支払いが続き収入が必要になるなどという事もあるかと思います。別の手段を希望する人は、司法書士に相談する事で、無事に自己破産せずに済むといいですね。

司法書士に自己破産相談を行う際の費用について

司法書士に自己破産などの相談を行う際には、一定の手数料がかかるケースもありますが、ほとんどの場合には、初回相談については無料で対応してくれます。特に、東京や大阪の司法書士事務所などはほとんどが無料相談に応じてくれます。地方などの場合に費用が発生することもありますが、その場合には、ケースバイケースですが1時間3000円前後というのが相場となります。

特に、自己破産などの債務整理を検討する人は多いため、ある意味で、相談者を獲得するのが競争状態となっており、テレビCMを使ってまで無料相談を宣伝しているところもあるくらいですから、相談者のほうから費用を支払って相談してもらうというよりも、無料相談をいくつか受けてみて、最適なアドバイスをしてくれたところに依頼できるというような状況です。

従って、できることなら無料で相談できるところで相談したいものです。自己破産などについてはそれほど難しいものでもありませんので、経験豊富な専門家であればそれほど差が出ることもありません。無料相談の場合でも、必ず依頼しなければならないわけでもありませんので、安心して相談できます。 実際に依頼することになると、裁判所に申請するための実費として、切手代、印紙代、予納金などが必要になります。

司法書士に自己破産相談を行うメリットとは

大阪で自己破産の相談を依頼する場合は、弁護士など多くの債務整理を代わりに行ってくれる所がありますが、司法書士事務所でも自己破産の申し立てを代わりに行ってくれています。弁護士では申し立てに必要となる書類の作成などを行ってくれて全てを任せられますが、司法書士事務所に依頼すると申し立ての書類作成はしてもらえますが、申し立ては自分自身で行うためそのぶん費用が抑えられるメリットがあります。

また訴訟代理権がなく書類のみの作成となるので裁判所へ出向き裁判官との面接など日時指定に合わせて行動ができる方の場合は、費用の面で半額以上にも抑えられることでメリットとなります。相談も事務所によっては相談料が無料となったり初期費用もなく、費用の長期的な分割払いも可能となる良さがあります。

費用にかかる相場でも弁護士への依頼の場合は20万円から50万円といわれ、司法事務所では15万円から30万円となり割安で弁護士では刑事や民事の案件を抱えていて相談にのりにくいことや依頼しにくい状況がある反面、司法事務所では債務整理がメインとして行っているケースで比較的相談しやすい良さがあります。依頼は自分の状況に合わせて決めると良いでしょう。