債務整理について

詳しく知るためのバイブル

過払いとは?

長期に及ぶ事もある司法書士に依頼する過払い

できる事なら、司法書士に過払いのお願いをするのだから早く取り戻してほしいと考える人も多いと思います。おもっているより司法書士に過払いをお願いすると早く結果が得られる事もあれば、そうではないケースもあると思います。

司法書士に過払いの依頼をしても長引きやすいケースというのもある様です。

まず、司法書士に過払いの依頼をすると、取引履歴が必要になってきます。紛失している場合には、金融機関にお願いして再発行する事になるのですが、なかなか到着するまで時間がかかる事もあるみたいですね。

優秀な司法書士であっても、過払いを行う金融機関があまり乗り気ではない事もある様で、時間がかかる事もある様です。

大阪で過払い金請求で借金が減らすことができた実例

大阪で過払い金請求で借金が減らすことができた実例は、インターネット上に体験談などの形でたくさん紹介されています。例えば、グレーゾーン金利で10年間借りていたので、100万円以上の過払い金が発生しており、借金をゼロにすることができただけでなく、50万円程度のお金が戻ってきたという実例などがあります。

基本的には、過払い金請求をすることにデメリットはなく、メリットしかないので、積極的に請求をすることがおすすめです。

返済中の人は、任意整理をしなければならないケースなどもありますので、まずは大阪の弁護士や司法書士といった専門家に相談をして、債務整理をしなければならないのかどうかについて、確認をしてみましょう。

多重債務者であってもできる過払い請求について

多重債務者であっても可能な過払い請求は、これまで多くの人によって請求されてきたことがあげられます。そのようななかでも長い間の借金については、当然ながら多額の金額が取り戻せていますので、傾向としては多重債務の方がより多額のお金を取り戻すことができます。

しかしながら、過払い金に該当されていないようであれば、お金は1円もかえってきませんので注意が必要になることでしょう。弁護士に依頼をおこなうことで、しっかりとサポートをしてくださいますので、しっかりと調査することができるでしょう。弁護士だけでなく、司法書士に相談することもできます。

過払い請求で借金がいくら減ったか知る方法

現在、借金の支払いをしている方は過払いが発生していないか確かめてみましょう。大阪・神戸で長年にわたってキャッシングやカードローンを利用していた方は、過払いが発生している可能性があります。8年以上利用していれば発生している可能性が高いです。

借金がいくら減ったか知る方法は、一番よいのは弁護士に計算してもらうことです。グレーゾーン金利分が返還の対象となるため、例えば当時に50万円を実質年率25.0%で借りていたなら、少なくとも7.0%%分の利息は払いすぎています。50万円の借入において利息制限法では18.0%までしか認めていないので、超過分は回収の対象となるのです。

多重債務の状態であっても過払い請求をおこなう

さまざまな場所で借り入れをしている人においては多重債務が続き、なかなか正常な判断すらできなくなっているようなケースもあることでしょう。そうした人には司法書士などの法律専門家に一度相談することがおすすめです。

長期間にわたって借り入れを行っているようならば、過払い金になっている可能性がありますので、速やかに過払い請求をおこなうべきでしょう。

多重債務ですと過払い金も高額な可能性がありますので、そのお金を返済にあてるようなこともできますので、請求を早めにおこなうようにしましょう。弁護士においては、こうした相談ものってくれることでしょう。

弁護士や司法書士の過払い請求と任意整理や自己破産などの債務整理

当サイトについてはこちら。弁護士への借金相談で多い項目は過払い請求や個人再生、任意整理、自己破産といった債務整理があります。交通事故弁護士へは保険会社との慰謝料交渉についての交通事故相談です。B型肝炎訴訟やB型肝炎給付金についても大阪の弁護士事務所や法律事務所へ。