債務整理について

詳しく知るためのバイブル

債務整理とは?

弁護士基準での交通事故慰謝料

交通事故に遭ってしまった場合は、何らかの被害に遭ってしまっていることが極めて多いです。そうした中では慰謝料の交渉が必要となりますが、この交通事故慰謝料については、後遺障害などさまざまな要素が含まれていることがあげられます。

交通事故の専門知識はもちろんのこと、被害にあった経験のない人にとっては、相場に限らず流れすらわからないようなケースもあることでしょう。そういった人たちが一番高い基準である、弁護士基準での慰謝料については、法律家である弁護士に交渉してもらうことで受け取れる可能性が高くなるでしょう。

交通事故慰謝料は過去の事例に基づき計算してもらいましょう

交通事故慰謝料は、大きく分けると3つの基準で算出されます。まず自賠責基準、次に任意保険基準、最後が弁護士基準です。

一番安価なのが、自賠責基準で一番高価なのが弁護士基準となっています。

弁護士基準がどうして効果なのかというと、裁判例などの過去の事例を元に交通事故慰謝料を計算することができるからです。交通事故の最低保障額ともいえる自賠責基準と比べ、倍額以上の差が出ることもあります。

慰謝料額に不満がある場合には、弁護士へ交通事故相談をして弁護士基準での算出をしてもらい、慰謝料増額を依頼しましょう。保険会社との交渉なども全て行ってくれます。

交通事故相談を弁護士におこなう

予期していなかった交通事故が起こり、自分が被害者となってしまった場合には、戸惑いや不安などが生じることでしょう。特にはじめて経験するような人においては、不安が多くつのっていることが予想されます。そうした状況において、交通事故を専門にしている機関や無料相談所などがありますので、そのような場所に交通事故相談することもできるでしょう。

しかしながら、慰謝料を少しでも多く撮りたいような場合においては、過去の事例から見ても弁護士に相談することが一番の得策になるでしょう。しっかりとした対応で正当な慰謝料を受け取れるといいですね。

交通事故相談は多くの地域で重要に

交通事故相談を行ってくれることで、安心感を得られている人が多くいます。

信頼できるところに相談できてこそ、解決できるだろうと思えるようになってくるので、できることなら交通事故相談できる場所をしっかり作りたいものです。そうした状況を作っていくことが何よりも重要視されていて、最近では多くの地域で考えられています。

弁護士がしっかりと対応できる場所だったり、相談しやすい団体が作られるなどして、多くの人が相談を行いやすくしています。信頼できる状況を作っているからこそ、より交通事故相談を行いやすくして、事故の解決を図りやすくしているのです。

交通事故慰謝料の種類には何があるか

交通事故慰謝料と聞くと、損害・示談金を含めた金額と考えるかと思いますが、慰謝料は、賠償金の一部です。賠償金には、慰謝料・治療費・交通費などが含まれます。

慰謝料には、「入通院慰謝料」「後遺障害慰謝料」「脂肪慰謝料」の3種類があります。また、相場基準も、自賠責・任意保険・弁護士・裁判基準の3種類あり、相場金額で自賠責基準と弁護士基準とでは、2倍くらいの差があります。

事例の一つとして、むちうちの場合、治療期間2か月で、自賠責ですと168,000円、弁護士・裁判基準ですと36万から52万程度が相場となります。この様に、慰謝料を増額するためには、弁護士・裁判所基準で計算してもらうことです。

慰謝料の交通事故相談を受ける交通事故弁護士

当サイトについてはこちら。弁護士への借金相談で多い項目は過払い請求や個人再生、任意整理、自己破産といった債務整理があります。交通事故弁護士へは保険会社との慰謝料交渉についての交通事故相談です。B型肝炎訴訟やB型肝炎給付金についても大阪の弁護士事務所や法律事務所へ。