債務整理について

詳しく知るためのバイブル

債務整理とは?

B型肝炎訴訟おける給付金の申請

過去に集団予防接種やツベルクリン反応検査の際に、注射器の使い回しをしたことが原因となって、B型肝炎ウイルスに持続感染してしまった場合には、国から病態に応じた給付金の支払いが受けられる制度があります。

この申請にあたっては、いったん国を相手とした国家賠償請求訴訟を提起して訴訟に参加し、救済要件を満たしていることをあきらかにした上で、国との間で和解をしてからという流れになります。和解が成立した場合には、社会保険診療報酬支払基金に対して請求書をもって申請を行い、基金から給付金が支払われるというかたちになります。

B型肝炎の訴訟の内容について

現在では考えられないことですが、これまでに予防接種での注射器の使い回しが問題となってしまい、B型肝炎に集団感染してしまった経緯があります。このことについては国側も認めていて、ずさんな管理が大きな問題となりました。

現在ではB型肝炎の訴訟を起こすことで、その事実が認められれば、給付金の受け取りが可能になっています。この給付金は症状によって異なり、そのことも踏まえての訴訟になります。

さまざまな弁護士が対応にあたってくださいますので、自分だけで対応をするのではなく弁護士のサポートを得るようにしましょう。

弁護士に経験を伝えてB型肝炎の訴訟へ

経験を伝えておくことが、最終的に決断を下せる大きな要因となっている場合があります。経験しているからこそのメリットというのもありますし、相談によって伝えられれば、弁護士も方針を決めやすくなります。訴訟の場合は、伝える内容によって最終的な決断がわかっていきます。

B型肝炎は、意外と説明によって変わるところも多くなっていますから、訴訟でいい効果を期待したいなら伝える内容を増やすようにしてください。特に経験していることがわかっていくと、リスクや起きている問題などを把握してから考えられるので、期待された金額が得られる可能性もあります。

B型肝炎訴訟を起こす

B型肝炎に関しては集団接種が原因となり、多くの人がB型肝炎に感染してしまったケースがあげられます。さらに、このB型肝炎のウィルスに犯されてしまっているようであれば、感染者の体液などを介して発症されてしまう病気となり、母子感染などでも発症されてしまうことがあげられます。

万が一、母親が感染されているのであれば、その赤ちゃんも感染してしまうような可能性は高いでしょう。そのほかにも輸血や注射針を使い回すことによって、B型肝炎を発症してしまうことがあげられます。

このようにさまざまなことが原因としてあげられ、その中でもB型肝炎訴訟を起こすことが必要とされます。

B型肝炎給付金のためのB型肝炎訴訟

当サイトについてはこちら。弁護士への借金相談で多い項目は過払い請求や個人再生、任意整理、自己破産といった債務整理があります。交通事故弁護士へは保険会社との慰謝料交渉についての交通事故相談です。B型肝炎訴訟やB型肝炎給付金についても大阪の弁護士事務所や法律事務所へ。