債務整理について

詳しく知るためのバイブル

任意整理とは?

任意整理には債権者との合意が必要!
無理なく返済できるプランを立てよう!

任意整理とは、法律の専門家である弁護士や司法書士に依頼し、債権者と直接話し合いで解決に向かわせる方法です。

この方法としては、まず絶対条件として「返済する意思がある」ということが大切です。これがなければ、当然のことですが任意整理は行えません。

現在ある債務の中に、違法な利息のものは無いか、過払い金などは無いかを再計算し、減額を行い、減額後、無理のない返済計画をたてることを目的とします。あくまでも返済計画ですので、やはり「返済する意思がある」ということが重要になってきます。

直接、債権者と交渉するため、解決しない、両者が合意できない場合もあるので、できるだけ経験豊富で、実績のある弁護士や司法書士に依頼しましょう。

特定調停とは?

裁判所での直接話し合い
前もって今の自分の現状を振り返っておきましょう。

特定調停は、任意整理が弁護士や司法書士に依頼したのに対して、裁判所を用いて債権者と話し合い、返済計画をたてていきます。

もちろん特定調停に関して、弁護士や司法書士にご相談する方が、より一層詳しい返済計画などが立てられるようになりますので、ご相談してみるべきでしょう。

特定調停は任意整理とは違い費用が安いことから、任意整理と特定調停を悩む方も多いです。

特定調停できまったことは絶対なので、返済計画中に返済が滞ったりすると、債権者に給与を先に差し押さえさえれること十分あるので、しっかりと返済しましょう。

自己破産する前に司法書士に頼るべき理由とは

債務整理の手続きには借金の金額を減らす方法と、借金を全て帳消しにする方法の二種類があります。借金の金額を減らす方法は、任意整理や、特定調停、個人再生と呼ばれる方法です。借金が全て帳消しにする方法が自己破産になり、借金を返済していくことができなくなってしまった人に、債務者が所持している一定以上の価値がある財産を競売にかけて換価して、それで得たお金を各債権者に均等に分配して、返し切れなかった借金については、裁判所が返済する義務を免除してもらうことを決定する手続きになります。

この手続きを行うことによって、税金など以外の債務の全ての支払う義務が免除されるため、新たなスタートをすることができるようになります。自己破産をするときには、申し立てを裁判所に対して行うことが必要になります。この手続きは、司法書士などに依頼する場合と、自分で行なう場合があります。

申し立て人を自分で行なうときには、手続きを進めるのに必要になる書類を作成したり、手続きを順調に進めることが非常に難しい作業になります。ときには、自己破産を申し立てても借金を免除してもらえず、手間と、時間が無駄になってしまうことも充分に考えられます。大阪市の方が、そのようなことを回避して順調に手続きが進められるというのが、大阪市の司法書士など専門家に頼るべき理由となります。

司法書士に個人再生を頼むメリットは

借金が増えて返済するのが難しくなった場合は司法書士に相談することをお勧めします。借金問題を解決する場合、自己破産、個人再生、任意整理がありますが、もし、あなたが仕事をしているのなら、個人再生がいいかもしれません。

個人再生とは裁判所に申し立て、認可された場合は借金が減額されるので、その減額された借金を3年で返済することになります。自己破産と違い、住宅や車等を手放す必要がないというメリットがあります。弁護士よりも司法書士の方が費用が安くなることが多いので、自分の状況を相談し、自分に合った借金解決の方法を相談することが重要です。

市川市で任意整理にかかる費用の相場とは

弁護士に任意整理をしたいと相談する方は、借入先が複数あることが多いです。7〜8年以上にわたってノンバンクから借りていた方だと、多額の過払い金が発生しているケースもあります。

過払い金には時効があり、最終契約から10年で回収できなくなりますから、すでに完済した方も弁護士に相談してみましょう。市川の法律事務所に任意整理の相談をする場合の費用は無料が多く、依頼した場合に報酬する仕組みになっています。

個人再生や自己破産の料金体制と異なるところは、1件あたりの料金設定になっていることです。もう少しで返済できるローン、連帯保証人付きで債務整理をすると面倒なローンなどは除外できるのも魅力でしょう。費用の相場は3万円くらいであり、5万円を超えるところは少ないです。

ノンバンクから借りている方は、すでに利息だけで数十万円も支払ってきた方が多いですから、弁護士に支払う費用は決して大きくはないでしょう。高額の借入をしていると将来的に支払うべき利息が非常に大きくなるため、早めに整理をおすすめします。

返済期日までに返済できる延滞することが多くなってきたら、法律事務所に相談するタイミングでしょう。報酬の支払い方法についても相談でき、分割や後払いにも対応してくれます。

弁護士や司法書士の過払い請求と任意整理や自己破産などの債務整理

当サイトについてはこちら。弁護士への借金相談で多い項目は過払い請求や個人再生、任意整理、自己破産といった債務整理があります。交通事故弁護士へは保険会社との慰謝料交渉についての交通事故相談です。B型肝炎訴訟やB型肝炎給付金についても大阪の弁護士事務所や法律事務所へ。