債務整理について

詳しく知るためのバイブル

自己破産の弁護士費用を分割で支払う
負担を軽減するには

何十万円もかかる場合が多い自己破産の弁護士費用を一度で支払うというのは、大変な状況に置かれている債務者にとってとても厳しい事だと思います。

その様な債務者のために自己破産の費用を分割で支払う事ができる弁護士も増えているみたいですね。

何度の分割まで可能かという回数はそれぞれの事務所により違います。少しずつ弁護士に支払う事で、負担を軽減する事ができるかと思います。費用がネックになるあまり、自己破産が遅れてしまうという事は何とか避けたいですね。

まずは借金が一段落してから支払いを行いたいですね。

取り立てもあり大変な状態であれば、まずは借金を解決する事を優先してみてはどうでしょうか。

自己破産の申し立ての際に司法書士に聞かれることとは

自己破産の手続きは、返済ができなくなった状況に陥ってしまったことがある方が破産の宣告をされて破産者となり、その後に行われる手続きで借金を返済する責任を免除してもらう手続きになります。 差押えることができない財産に該当しない財産は全て失うことになり、借金を返済する責任を免除してもらった後は、財産がないが借金を返済していく義務もない状態から、もう一度やり直すことになります。

大阪市の方が自己破産の申し立てをするときに大阪市の司法書士に聞かれることは、過去七年以内の期間に借金を返済する義務を免除してもらったことがないかということと、借金が発生した主な理由が賭博や、浪費、くじなどの射倖に該当していないかどうかということです。 これらのことに当てはまると免責が許可されない事由に該当することになり、債務は結局消滅しないで破産者として被る不利益だけが残ってしまうことになります。

そのため、借金を免責してもらってから、少なくとも七年間は、経済的な立て直しに全力を注ぐことが重要となります。 そして、賭博や、浪費、射倖で負った借金に対して自己破産の手続きは、救済する手段に成り得ないということを知っておく必要があります。

自己破産について弁護士より司法書士に依頼する方が良い理由とは

自己破産については、弁護士より司法書士に依頼する方が良いケースがあります。それは事務所への報酬が少なくて済むことが多いからです自己破産は手続きをするだけのことですから、特に相手方と何かの交渉をしていくというようなことはあまりありません。特に金銭トラブルなどがおきていないような状況です手続きを粛々と進めていくことが事務所の仕事ということになるので、報酬の高い弁護士でなくても司法書士の事務所でも出来ることになります。

大阪ので自己破産の相談をするような時には、相談料や着手金、成功報酬などの点でどこに依頼をするのかということを考えるといいかもしれません。ある程度の実績があるところであれば信用して任せることが出来るということがいえるでしょう。

大切なのは信用ということになります。サイトを見ればその事務所が信用できるのかどうかということも分かりますし、破産手続きにかかる費用や着手金などもわかるようになります。この時に大切なのはトータルとしてどれだけのお金を依頼料として事務所に払うことになるのかということです。これがしっかりと明記されているところを選ぶようにします。ここを曖昧にしているところは避けるようにすべきでしょう。