債務整理について

詳しく知るためのバイブル

他にもある自己破産以外の解決方法
借金は責任を持って返す

実はどうしようもなく返済のあてがない借金の解決方法の詳細を見てみると、自己破産だけでありません。

自己破産の他にも過払い金請求なども含まれています。債務状況の詳細を確認して、この中から最も適当だと思われる手段で解決する事になります。

自己破産はたくさんある解決方法の中でも、究極の解決方法ですが、詳細を知るとどんな場合でも適応できるという分けではありません。

ギャンブルが原因で作った借金など、本人の怠りが問題と判断された場合には、免責の許可は下りる事はありませんので、注意しないといけません。ですので、何とかなるだろうという考えは甘いと思います。自分の借金は責任を持って返す、それが基本ですね。

自己破産する前に司法書士に頼るべき理由とは

債務整理の手続きには借金の金額を減らす方法と、借金を全て帳消しにする方法の二種類があります。 借金の金額を減らす方法は、任意整理や、特定調停、個人再生と呼ばれる方法です。 借金が全て帳消しにする方法が自己破産になり、借金を返済していくことができなくなってしまった人に、債務者が所持している一定以上の価値がある財産を競売にかけて換価して、それで得たお金を各債権者に均等に分配して、返し切れなかった借金については、裁判所が返済する義務を免除してもらうことを決定する手続きになります。

この手続きを行うことによって、税金など以外の債務の全ての支払う義務が免除されるため、新たなスタートをすることができるようになります。 自己破産をするときには、申し立てを裁判所に対して行うことが必要になります。 この手続きは、司法書士などに依頼する場合と、自分で行なう場合があります。

申し立て人を自分で行なうときには、手続きを進めるのに必要になる書類を作成したり、手続きを順調に進めることが非常に難しい作業になります。 ときには、自己破産を申し立てても借金を免除してもらえず、手間と、時間が無駄になってしまうことも充分に考えられます。 大阪市の方が、そのようなことを回避して順調に手続きが進められるというのが、大阪市の司法書士など専門家に頼るべき理由となります。

司法書士に支払う自己破産の相談費用と支払い方法

大阪府には自己破産に対応している司法書士が至る場所にいます。自己破産の相談に対応しているのは弁護士だけでなく、司法書士でも対応しています。相談費用ですが弁護士の場合だと最後まで対応したら200000円近くかかります。しかしこちらの専門家に依頼した場合だと半額の100000円程度ですみます。良心的な専門家だとさらにリーズナブルな価格で対応している場合もあります。

専門家への利用代金の支払い方法ですが、通常だと現金での一括払いとなります。しかし自己破産を依頼する人の場合だとお金が厳しい場合があります。その場合だと分割払いにして月の支払いを2000円程度に抑えることも可能です。

専門家にもよりますが、法テラスの登録をしている場合もあります。その場合には専門家への支払いは一旦法テラスが立て替えるので、専門家に直接支払う必要はないです。その代わりに全ての手続きが終了してから法テラスに支払いを行うことになります。その際には法テラスの銀行口座に振り込む必要があります。その際の支払いですが月に2000円以下の場合がほとんどです。過払い金がある場合には、過払い金の入金を待ってから法テラスや専門家に支払いをしても大丈夫です。