債務整理について

詳しく知るためのバイブル

プロに聞く自己破産の詳細
知る努力をしたい自己破産

複雑に法律が関係している自己破産の詳細を知ろうと思って、調べてもなかなか答えが見つからないという事も出てくるかもしれませんね。その場合には、法律のプロである弁護士に聞くと求めていた答えが分かるでしょう。

自己破産と言ってもいろんなケースがあるかと思いますので、詳細まですべて把握しているという人は弁護士などのプロ以外にはあまり多くないかと思います。

しかし、それまでに自己破産の基本的な事柄についてはなるべく自分でも知る努力をしたいですね。

難しい手続きですので、弁護士に依頼する事が多いと思います。その際の詳細に関する疑問点は弁護士に持ちかけてみましょう。プロがいてくれると、きっと解決に大きく近づけるでしょう。

自己破産してしまったら司法書士に無料相談すべき!

自己破産してしまった場合、法律的な手続きが必要になってきます。法律と言ったら弁護士に依頼するのだろうかと考える人が多いでしょうが、お金に困っている状態なのですから、できるだけ安い費用で依頼した方がお得です。

そのためには、弁護士に比べて安い費用で依頼することができる司法書士に相談することをお勧めしますし、いきなり有料の依頼をするのではなく、まず無料相談をすべきです。 無料相談では、正式な依頼に先立って自己破産のような法律に関する相談を無料で行ってくれます。特に大阪では総合相談センターが設立されており、自己破産などの暮らしの法律トラブルなどを相談することができ、どのような法的手続きをとる必要があるのか教えてもらえます。

法律の専門家に相談するとお金がかかるからと言って自分一人で悩んでもうまい解決方法を見つけ出すことは至難の業ですから、積極的に相談して不安を取り除くとともに、何をすればよいのかを教えてもらうことで将来に希望を持つことも可能です。相談窓口なのでその場で依頼を受け付けてはもらえませんが、希望すれば規則に基づいて司法書士を紹介してくれます。正式に有料の依頼をするのはそれからでも遅くないでしょう。

司法書士が行う自己破産申立書の作成方法について

自己破産というと、一般的には弁護士を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、司法書士という資格であっても、自己破産の申立書を作成することが可能です。それは、依頼人の代理人という立場になる弁護士とは違い、依頼人の書類作成代理人となって、申立書を作成することが出来るということなのです。作成方法は、弁護士が作成する申立書と、内容などが特別に違っているところはありません。

むしろ、まったく同じであるといっても、過言ではありません。また、申立書を作成したあとも、弁護士と同じように裁判所に破産申立書を提出したり、免責の決定が裁判所より下されるまで、全面的なサポートをおこなってくれます。そして、弁護士との唯一の違いがあるとすれば、それは自己破産を申し立てた人が、裁判所に呼び出された場合です。

つまり、裁判官が必要と認め、破産申立人が裁判官との面談をおこなう必要ができた場合に、弁護士のようにその場に立ち会う資格がないということでしょう。この点が、依頼人の代理人と書類作成代理人の大きな違いであるといえるわけです。大阪を含む全国には、このように破産申立書の書類作成代理人となれる司法書士が、数多く事務所などを構えています。