債務整理について

詳しく知るためのバイブル

過払いとは?

多重債務者でもできる過払い請求

複数の貸し金業者からお金を借りると、多重債務者とよばれます。彼らのほとんどは、借金と金利の返済をしながらも借金を重ねています。ですから、一部の借金は返済できているともいえます。

過払い請求は、返済し終えた借金しか対象になりません。返済し終えたものなので、債務整理でもありません。請求は、実際にしなければ返還されません。

長期間放置しておくと、返還されなくなることもありますので、注意が必要です。返還額はケースに応じて様々ですが、100万円以上返還された場合もあります。相談は、請求手続きに精通した弁護士にするといいでしょう。

弁護士に依頼することのできる過払い請求

過払いの請求については、一時期テレビや雑誌などの広告ででかでかと報じられていましたので、多くの人が知っていることでしょう。そのようななかでも、心当たりがあっても、実際におこなった人は少ないようなことがあげられています。

当時の記憶や弁護士などへのハードルが高かったことがあげられるようです。弁護士については、初回が無料のところもありますので、想像以上にハードルは低いことがあげられます。万が一、過払い金が発生しているのであれば、非常にもったいないですので、速やかに過払い請求をおこなうようにしましょう。

司法書士への過払い相談によるメリット

借金の問題を抱える方が継続的に借金返納を行ってきた場合、借入先である金融会社との間に、利息を多く支払いすぎることによる過払いが発生していることがよくあります。

司法書士や弁護士などの、国家資格を持つ専門家は、大阪などの都市を中心に全国で多く、専門機関の設置によって無料での相談業務が取り扱われているなど、様々なヵたが気兼ねなく利用できるような取り組みが多数見受けられます。

借金が多額で苦しんでいる方にとって、過払いの金額を請求できるということは、借金返済の残額が変わるなど、返済完了を目指せるメリットにも繋がります。

多重債務者が過払い請求をするなら完済後

もしあなたが現在多重債務を返済中で、かつ過払い請求をしたいと思っているのでしたら一つだけ忘れてはいけないことがあります。それは借り入れ最中の過払い請求は「債務整理にあたる」ということです。

債務整理にあたるというのは当然いくつかのデメリットが発生してきます。もし今どうしても返済に困っているということでないのであれば過払い金の請求は借金の返済が完了してからの方がいいでしょう。

返済後でしたら債務整理にはなりません。また借り入れ先とのトラブルも返済が完了している方が少なくて済みます。(返済最中だと訴訟になってしまうこともある)

弁護士や司法書士の過払い請求と任意整理や自己破産などの債務整理

当サイトについてはこちら。弁護士への借金相談で多い項目は過払い請求や個人再生、任意整理、自己破産といった債務整理があります。交通事故弁護士へは保険会社との慰謝料交渉についての交通事故相談です。B型肝炎訴訟やB型肝炎給付金についても大阪の弁護士事務所や法律事務所へ。