債務整理について

詳しく知るためのバイブル

無料で交通事故相談を行う方法

無料で相談を行いたいと思っているなら、まずは交通事故相談を行ってくれる団体を探します。無料で相談くらいなら応じてくれる傾向がありますので、後は相談したいと思っている内容を伝えるようにして、問題なく解決できるような状況にしておきます。

団体によって、交渉したいと思っている人に向けて、しっかり話をしてくれる場合もあります。弁護士が協力してくれることもありますので、相談を行っていればいろいろな方法で解決できる可能性があるでしょう。

交通事故相談を行わなかった場合は、分からない部分を自分で考えて解決することとなります。

交通事故相談は事故専門の弁護士事務所で行いましょう

交通事故の被害に遭われた方で、むちうち等の健康被害が出ている場合は、早い段階から弁護士に相談することをお勧めします。保険会社に示談交渉を任せると、弁護士よりも低額な相場の慰謝料で交渉を進めてしまいます。

後遺障害の残るような被害がある場合、保険会社から提示される慰謝料は、とても被害に見合った額ではありません。弁護士に早期依頼すれば、高額な慰謝料を請求するための準備を、着実に進めることができます。

事故専門の弁護士事務所であれば、交通事故相談を無料で受け付けている所がほとんどですので、まずは気軽に相談してみると良いでしょう。

交通事故慰謝料で最も高額なのが弁護士基準です

交通事故慰謝料には3つの基準があります。任意保険基準、自賠責基準、弁護士基準です。自賠責基準は120万以内の場合に限られます。

120万円を超えた場合は任意保険基準になります。自賠責基準は運転者全員が強制的に加入する保険です。その為かなり低い金額になります。任意保険基準もあまり高い金額にはなりません。自賠責基準よりもほんの少し高額になる程度です。

最も高い金額を得られるのが弁護士基準ですが、裁判を起こす事が前提です。交通事故に関して経験の多い、保険会社との交渉力のある弁護士に依頼することが大事です。

交通事故相談をするタイミングが重要

交通事故に遭った時、弁護士に交通事故相談をするタイミングというものがあります。一般的には保険会社から示談金を提示されたから相談をするという方が大半です。

ですが、本来は治療が終了した時点、重傷事故ですと事故直後が良いとされています。では、示談金を提示されたタイミングでは遅いのかですが、サインをする前であればまだ示談の内容を覆すことが可能です。

もし、締結をしてしまった場合には既に遅く、弁護士に相談をしても覆すのは難しいです。また、最も相談するタイミングが良いとされる治療が完了した時点ですが、後遺障害手続きをする際に、後遺障害等級が有利になるように弁護士がサポートしてくれます。

交通事故慰謝料に納得できない場合弁護士基準で計算しましょう

交通事故に遭遇した場合に、トラブルに発展するのが、交通事故慰謝料が一番多いです。金額で大きな差が出るのが、後遺障害認定です。症状を自分でしっかりと説明できない程怪我になるので、適正な認定をもらうことができず、低い査定額で、慰謝料を算出されてしまうことが多いです。

提示してきた慰謝料に納得ができない場合は、弁護士に相談をして、提示されている金額が適正かチェックしてもらいましょう。

不当に低いと認定された場合は、弁護士基準で交通事故慰謝料を算出し、相手と直接交渉を行ってくれます。提示されている金額と倍以上の請求をすることができるケースもあります。

慰謝料の交通事故相談を受ける交通事故弁護士

当サイトについてはこちら。弁護士への借金相談で多い項目は過払い請求や個人再生、任意整理、自己破産といった債務整理があります。交通事故弁護士へは保険会社との慰謝料交渉についての交通事故相談です。B型肝炎訴訟やB型肝炎給付金についても大阪の弁護士事務所や法律事務所へ。