債務整理について

詳しく知るためのバイブル

債務整理とは?

司法書士に自己破産の手続きをお願いするには

自己破産の時期については、経済的に困窮をしている人にとって、重要な関心ごとのひとつとして扱われることがあります。近頃は、弁護士や司法書士などに依頼をすることによって、自己破産の手続きをスムーズに行おうとする人が目立っています。

特に、人気の高い法律事務所の見極め方については、数々のメディアで紹介されることがあるため、今や様々な職業に就いている人々からの関心が寄せられています。また、日ごろから自己破産の手続きに必要な費用の相場を把握することで、いざという時にも速やかに対応を取ることが出来るようになります。

司法書士に自己破産相談を行うデメリットとは

司法書士に自己破産相談を行うことには、基本的にはデメリットはありません。相談をするだけならば、無料で受けてくれる大阪の法律事務所も多いです。まずは気軽に相談をしてみましょう。

司法書士の場合、地方裁判所での代理人になることはできません。自己破産は地方裁判所の管轄となりますので、基本的には自分で手続きをしなければならなくなることがデメリットとなるでしょう。弁護士に依頼をすれば、裁判への出頭などもすべて代理人としてやってくれます。依頼人は基本的になにもしなくてもよく、結果を待っているだけになるので、弁護士に依頼をするのが一番手間がかかりません。ただし、免責審尋を受ける時に1回だけ裁判所に出頭をする必要があります。

逆に、弁護士に依頼をした場合に比べて費用が節約できるというのがメリットになります。自己破産では、ほとんどの場合に同時廃止になりますので、その場合には自分で手続きをしても、それほどの手間はかかりません。もしも管財事件となった場合には、弁護士に依頼をすることのメリットが大きくなるでしょう。ケースバイケースですので、まずは相談を受けてみて、同時廃止になるのか、管財事件となるのかだけでも確認をしておきましょう。

自己破産を避けるために司法書士に聞いておくべきこと

自己破産をすると、様々なペナルティーを負うことになります。 まず、信用情報機関が管理するデータベースに事故情報が残ることになります。 ここで示す事故とは金融事故のことを指します。 一般的にブラックリストに載るといわれている状態になります。 このような状態になると、ローンを新規で組むことはできなくなってしまいます。

自己破産の手続きをしたときには、少なくとも、およそ五年から七年ぐらいは消すことができないとされています。 事故情報が個人信用情報に残っている間は、ローンを申し込むことが一切できなくなってしまいます。 また、官報にも事故情報が掲載され、いつまでも残ることになります。 また、価値のある財産は残らず競売にかけられ処分されることになります。

このようなペナルティーを負うことを避けるためにも、大阪市の方が自己破産になってしまうのを避けるために、借金問題に詳しい大阪市の司法書士の方に聞いておくべきことは、他の債務整理の手続きで対処できないかどうかということです。 他の債務整理の手続きには、任意整理や、個人再生、特定調停などといった方法があり、中には裁判所の、お世話にならずに解決できる方法も残されています。 過払い金があれば、返済する必要がなくなったり、お金が戻ってくる場合さえあります。