債務整理について

詳しく知るためのバイブル

債務整理とは?

TOP B型肝炎訴訟 B型肝炎給付金をもらう手順

B型肝炎給付金をもらう手順

B型肝炎給付金をもらうためにはどういった手順で進めていけばいいのでしょうか?

今回は弁護士に依頼したと仮定した流れをご紹介します。@弁護士に依頼するA書類証拠の収集B訴訟・和解C給付金の支払いという流れになります。給付金をもらうためには訴訟を起こす必要があり、多くの場合弁護士に依頼します。

実はB型肝炎訴訟に関しては弁護士にかかった費用を国が4割保証してくれるので、他の案件よりも気軽に依頼することができるのです。4割の負担があるのとないのでは全然金額が違ってきます。こういった保証が給付金と別にあるのはありがたいですね。

B型肝炎給付金って本人じゃなくても受けとることができるの?

B型肝炎給付金というのは、B型肝炎に感染してしまった人、その中でも集団感染してしまった人が国に対して訴訟を起こし、その和解の結果もらうことができるお金のことです。

B型肝炎にかかっている人であれば誰でもわけではなく、細かな条件があります。また母や父が第一次感染者の項目を満たしている人も受けとる権利があります。ではその相続権利のある人には受けとる権利があるのでしょうか?

結果から言うと、相続権利のある人も給付金を受け取る権利を持っていることになります。両親が母子感染、父子感染に当てはまっている人も対象です。

B型肝炎の受給対象者には最大3,600万円の給付金が出ます

昭和16年から昭和63年の間に、集団予防接種やツベルクリン反応検査を受けて、B型肝炎に感染してしまった方を対象に、国から給付金を受け取ることができる可能性があります。この感染者を親に持ち、二次感染をしたお子さん、三次感染したお孫さんも、受給対象となる可能性があります。

さらに、これらの受給資格者を亡くされたご家族の方にも、受給の可能性があるのです。国から支給される給付金は、最大で3,600万円もの額になります。受給資格の判定や、具体的な受給方法に関しては、B型肝炎訴訟に詳しい法律事務所へご相談ください。

B型肝炎給付金が与える影響

治療費などに与える影響が大きくなっていて、B型肝炎給付金は多くの人の助けになっています。

給付金を受け取れるようになっていれば、かなりの利益に変わってくれるのは間違いないことで、今後もしっかり考えていく必要が出ています。もちろん支給されている金額によっては、あてにならないような金額だと思えるかもしれません。

しかし給付されることのメリットが大きいと考えてほしいですし、相手は国から出されているものですから安心できます。B型肝炎給付金を受け取っていれば、様々な部分で安心できる要素を得られて、治療を受けやすくなります。

MENU

債務整理についてTOP 過払い 過払い大阪 過払い請求 交通事故相談 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 離婚相談 B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟弁護士 B型肝炎給付金

当サイトについてはこちら。弁護士への借金相談で多い項目は過払い請求や個人再生、任意整理、自己破産といった債務整理があります。交通事故弁護士へは保険会社との慰謝料交渉についての交通事故相談です。B型肝炎訴訟やB型肝炎給付金についても大阪の弁護士事務所や法律事務所へ。